チャレンジハック

6/8から6/15の1週間、培った技術・知識を一つのカタチにしませんか?

イベント概要

アルバイトやインターンの面接などで制作物や経験について聞かれたことはありませんか?

夏のインターンに向けて3年生が動き出している今日このごろ、皆さん成果物はありますか?

今回はそんな悩める皆さんに向けて、1週間で成果物を生み出すハッカソンを開催します!

対象はプログラミング歴2年以上、またはJavaでの開発経験(授業でも可)のある方です。 参加は一人でもチームでも構いません。(詳しくは申込フォームを確認)

この1週間だけ、自分のために本気を出してみませんか

イベント詳細

内容

2~5人のチームで共同で一つのモノを作ることに挑戦する。

制作物は次の要件を満たす必要がある

  • 当日発表されるお題に沿っている
  • チームの全員が役割を果たしている
  • 必ずしも完成しなくても良い
  • チーム全員がプログラマである必要はない
  • 使用技術の制限・指定はない
  • 制作が初めての人でも参加しやすいようにサンプルプログラムの雛形を配布するので自由に活用して良い

参加方式

個人

個人参加の人は、個人参加の人たちから適当に3~4名ほどのチームを割り振る。

チーム

チーム参加の方は自由にチームで参加して良い。ただし人数は2~5人であること。

スケジュール

6/8 16:45~18:15 開会式(3号館402)

主にチーム分けの発表、お題の発表、詳細なルールの確認を行う。

6/8~6/15 開発期間

自由に開発をして良い期間とする。活動場所として3号館の部屋を確保できているため、後ほど日程を公開する。

6/15 16:45~19:55 閉会式(3号館402)

各チームの発表を行う。

申し込み方法

Google formに回答すること

参加申込はこちら(Google Form)

参加条件

< チームでの申し込み >

  • 上限:5人/チーム
  • 代表者が、プログラミング歴2年以上、またはJavaでの開発経験あり(授業でも可)
  • チーム内にイラストレーターやデザイナーを含んでも良い

< 個人での申し込み >

  • プログラミング歴2年以上、またはJavaでの開発経験あり(授業でも可)